読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛の歩み

のそりのそり、牛に育てられた人の痕跡を残す

はじめましての方はこちらへ

このブログについて

田舎の本屋

いよいよ大学の勉強を始めたので、一度関心は別の方向に移るだろうなという予感がした。

本屋のこの先を考えていくための手段として「そもそも本屋っていつ出来たんだっけ」「なんで必要なんだっけ」ぐらいの問いかけをしたい。

本読みは、本を好きだから読むし、本屋が好きだから本屋をに行く的な、ほとんど同語反復的な理由で本屋を支持していて、それは全く正しいと思う。

けれど、実際読まない人たちが増えているのは事実だとして、だとすれば、本読みたちの言い分も、届くところにしか届かなくなってる。

 

そういう気配がするので、本屋の生き残りについて懸案なさっている方を応援しまくるに留めておいて、自分は別の仕方で何か、本の周りを支える下地を整えたいなとか思っている。

実家の最寄駅のふたつ手前の駅には「かたおかブックス」なる、渋すぎる本屋がポツンとあって、それはいわゆる「街の本屋」ではなく「田舎の本屋」だ。

っていうか今思ったんだけど、本屋って「街」が限界じゃないですか。「村」「田舎」「地区」っていうワーディングで本屋を形容しているとこ、自分はまだ知らない。ご存知の方がいれば伺いたい。本屋が街よりも小さい単位になっている場所...。

 

それはさておき「田舎の本屋」は、ほとんど絶滅危惧種というか、絶滅しているんじゃないかとすら思う。田舎で本屋といえば、TSUTAYAかイオンの中にあるやつ。ちっちゃなお店を構えて、地縁の中に絡め取られるスケールの本屋って、今あるんでしょうかどうでしょうか。地方で頑張ってるチェーン店とかもそう。常に大きな進出の匂いを感じ取っているはず。

 

 

街の本屋が生きていける東京で、小さな本屋をやって行くことはできない。個人的な話。だって、東京に興味がなさすぎる。ここは地元じゃない。この土地に、注力することの意義が持てない。そうしているうちに、田舎の本屋は絶滅していくのに、東京でお前何やってるのって感じです。

で、自分は田舎にいても健全に育っている小僧の数々に、本と出会えてしまうことを常に考えているんだけれども、それはどうしたら可能なのだろうか。

 

なんてことを、まずは歴史と編集の方法に学ぼうと思ってる。大学の授業を受けているわけで、東京の本屋について、本屋の面白さについては、一旦ペンディング

 

さらに脱線、東京とかでの本屋問答を見ていて思うのが、

東京でわいわい語っても、聞こえるところにしか聞こえないのと、わいわい語っちゃうことが、地方VS東京の仕組みを再生産しちゃっている疑いを持てと言うのと、その図式から抜け出さないと、本について語ることが、完全に街以上の単位を持つ都市だけのものになるぞっていう、ちょっと嫌すぎる事態になっちゃわないですかってことです。

実際どれほどの地方の人間が、東京に来て話を聞いて、それを地元に持ち帰るのだろうか。イベントごとの地方の入り混じり、どんな具合だろう。お前が行って確かめろよって話ですね(汗)

 

地方の人たちはどうしているだろう。ここでいう「地方」とは、東京ではない場所のことで、村とか街とかの単位を取っ払ったフラットな場所をイメージしています。

本というメディアの成り立ちから、またデザインと編集の両輪で持ってバーストする本というメディアの今後、東京ではない場所それぞれで新しく動いている様子に、限りなく光が当たりますように。

 

さて、明日から仕事だよまったく。