Ammuu

都市と田舎の間で、考えながら暮らしています。

緩慢さは敵か否か。

蒸し暑くて、肌がベトベトする。かといって、冷房をやりまくると、目がパッサパサになる。季節感ある、二律背反。 夏。入道雲がもくもくと見下ろしてくる朝方には、雨がずわーっと降りました。 西日本の方では、50人以上の人々が亡くなっていて、タイでは少…

問いかけ

暮らしの有象無象を扱う雑誌を扱っている以上は、それらしいことだけは書きたくないし、書くべきでもないなと思えるようになった。 「それらしいこと」とは、手垢のついた言葉のあれそれ、静か、豊か、手触り、手しごと、手作り。 クラフトマンシップの勃興…

潮風

気がつけば明日で梅雨が終わるというタイミングで、東京湾を仰いできた。 海からの風はすぐに肌を湿らせはしたけれど、夏の予感みたいなものに洗われながら、波が立つ様子を見おろす。ここは海ほたる、東京湾のほぼ真ん中。船と車が行き交う忙しい場所だった…

転職しました。

転職した。 夜帰宅すると、前の会社で一番尊敬していた先輩から手紙が来ていた。最終月分の給与明細が届いたんだな、経理も珍しく仕事をするもんだなとボヤく間もなく、二度ほど手紙を読み通して、そっと襟元を 正す。 前の会社の悪口を、では転職したから言…

いなか暮らしの続き

帰省中。畑。牛たちと人間の社屋。田舎。ただ暮らす。いかにも長閑な雰囲気。のんびり。喧騒から離れた暮らし。まあしかし、これらはみんな、都会との比較でしかない。田舎は田舎で人間関係や金銭の関係がこじれている。 それはさておき、毎食、ご飯がきちん…

太めんコロッケ販売

あああ! 今日はもっと真面目に仕事すればよかったーーー!!とか緩んでしまうと、これから家に帰ってすることが締まらないから良くない。帰って寝るだけじゃないことは、生活の充実でも何でもない。そういう人は、何事からか目を背けたいだけである。 なん…

ジンジャーシロップの作り方と生活

このところ生活の仕方が変化している気がしているので、ここまでの生活の有様をここで記録しておこうかと思う。どんな感じだったか、後で己が見直すかどうかだけれども。 1. 花を飾った / 観葉植物を育て始めた。 花はすぐに枯れてしまうし、しっかり管理し…

東京で消耗せずに暮らす

部屋の片付けをしようと思っても、気が乗らなくてやめた。机の上はなんとなく整理できたけれど、要るのか要らないのかはっきりしない書類が、まばらに積んである状態はそのままだ。これを書いたら、英語を勉強して、本を読んで、走りにいくんだ。今日はとて…

家畜は3年、人はそれより長く生きる

こんにちは。自分は都内の出版社で働いているものです。 今まで別の媒体で日常の有象無象を書いてきたけれど、前の媒体が知れ渡ってしまったため、匿名になり、また戻って来ました。今度は、聞いてほしいことしか書かないですし、会社のことも、もし知ってし…